モテモテ男女倍増計画

ミネソタ在住。健康とモテ、生涯現役を探求しています。

グルテン・フリーを続けようと誓った日

1年半前、ジョコビッチさんの本に感化されて始めたグルテン・フリー。今年アメリカに引っ越してきてから、継続が危うくなっていました。というのも、オフィスでちょっとしたお祝いや行事で、ピザやドーナッツが配られることがあり、とても美味しそうだし皆んなが楽しそうに食べているので誘惑に抗うのが大変なのです。 先日は、同僚の誕生祝いでベーグルがふるまわれました。シナモンやブルーベリーのフレーバーのベーグルがとってもいい香り・・・ということで誘惑にあっさり負けました!  そして、次の日・・・。
 

 

頭がなんとなくボーっとして身体がだるくなってしまいました。私はグルテン過敏症ではないのでこんな風になるはずではなかったのですが・・・。結局、グルテン過敏症ではなくても、グルテンの悪影響は誰にでも出る可能性はあるということではないかと思いました。通常は「身体がだるい!」と思っても、「最近忙しいので疲れているんだな」とか「寝不足かな」「飲みすぎたかな」などと解釈してしまう事が多いと思います。今回私はどれにも当てはまらず適度に運動もしていたので体調の悪さはグルテンしか思い当たらず、しかもベーグルはもっちりとしていてグルテン含有量が多いし、食い意地の張った私は朝1個食べたあと、午後、残りものをもう半分食べたので (←食いすぎだ!) 影響を認めることにしました。
 
その日は、だるいけれどとりあえず軽く朝ランに行ったのですが、通常だと走り終わる頃には気分爽快なるはずが、もやっとブルーなまま走り終わり、なんだか損した気分でした・・・。
 
ベーグルは美味しかったですが、こんなツケを払うことになるのであれば、やはり次からは自制したいと思いました。
 
===> その日から2週間、グルテンは完全に排除しているところですが、
身体も精神もかなり爽快です。
 
「最近ちょっと疲れ気味」と思っている方、「私はアレルギーでも過敏症でもないよ」と思っても2週間だけでもグルテン・フリーを試してみてください。もしかしたら違いが感じられるかもしれません。 感じられないかもしれません。
 

でも、もしかしたら、霧が晴れたような気分になり、身体が軽くなる爽快な感覚が味わえるかもしれません。

 
 
 
グルテン・フリー関係の過去記事はこちらです。

mote-mote.hatenablog.com