モテモテ男女倍増計画

ミネソタ在住。健康とモテ、生涯現役を探求しています。

コーヒーエネマで病気が治る?

健康だと思っていたのに、ある日突然ちょっとした不調を感じて病院に行ったら、精密検査が必要だと言われ、検査の結果「がん」と診断されたら、あなたはどうしますか?
 
起きてもいないのに、そんな事考えたくないですよね。心配して引き寄せるのも嫌だし。それが起きないと決め、健康的な生活を送ることが第一だと思います。でも、万一のための選択肢、コーヒーを活用する治療法を今回はご紹介します。
 

 

正確に言うと、コーヒーによる浣腸と、大量のにんじんジュースを中心にした食事療法  — ゲルソン療法です。いわゆる代替療法です。
 
ゲルソン療法とは何かを説明した日本語字幕付きの 『Beautiful Truth (美しい真実) 』は下記です↓
 

 
 
映像を見ておわかりのように、ゲルソン療法は、その有効性がゆえに、アメリカ医学会では異端とされアメリカでの治療施設の運営を禁止されています。そのため ゲルソン・クリニックは、アメリカの国境をメキシコ側にちょっと越えた先、ティファナで運営されています。
 
 

事前に知り、考えておく意義

 
誰でも健康なうちからリサーチしておく事は大切だと思い、これを書いています。診断されてからだと、焦りや感情の揺れが大きいと思いますし、そんな中、もし代替医療を選択する場合、主治医や家族の反対に合ったり、極端な場合「命を粗末にするな!」とか「その代替医療を選択したため亡くなった人を沢山見てきている」とか「あなたはだまされている。うろたえて判断力が鈍っている。」など厳しい批判を浴びる事もあるかもしれません。その反対は愛あっての事もありますので、議論をより複雑にするかもしれません。病気という強度のストレスの中、さらに家族の反対にあったらストレスが大きくなり過ぎてしまうかもしれません。そうなる前に事前に考え、できれば親しい人と話し合っておけたらベストだと思います。